ブログ

医薬品に使われる自然療法

flower1アロマの薬としての使い方  

flower1その他の自然療法(カゼ)

flower1クレイのケア(かぜ)

 

風邪薬の副作用から、薬以外のケア方法として

アロマやクレイ、その他身近にあるものでケアできる方法についての続きです。

 

薬にも自然療法で使われるものが入ってます。

 

生薬以外にもたくさんあってご紹介しきれないですが

 

その中でも、やはりアロマは多いです。

 

その代表が、ペパーミントですね。

 

医薬品にはハッカ油として様々な薬に使用されています。

 

抗菌、殺菌効果、あるいは清涼感をだすためなどに用いられます。

 

他にも、カミツレ(カモミール)、ミルラ、ユーカリなど

 

アロマの力、薬の代用としてお使いいただける事がそこからも分かって頂けるのではないでしょうか?

 

その他の自然療法でもご紹介しました「ひまし油」

 

アーユルヴェーダでもよく用いられ、古くから美容と健康に利用されてきたひまし油ですが、薬にはそのデットクス作用を利用して主に下剤に配合されています。

 

添付文章「してはいけないこと」に

 

「授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避ける事」

 

の一つとされています。

 

医薬品の成分の中には授乳中に移行する成分があり、その中でも乳児に悪影響(下痢)が知られている成分の一つのなります。

 

また、3歳未満のお子さんは使用不可

 

急性腹症のおそれの為、激しい腹痛又は吐き気、嘔吐の場合も使用不可です。


 

風邪の時に卵酒


 

それも昔から伝わる療法ですね。


 

でも、卵アレルギーの方は注意が必要です。


 

薬品にも卵(卵白)が入っていて、「卵」でなく「リゾチーム塩酸塩」とか「塩化リゾチーム」などと表記されます。


 

しかも、アレルギー用薬や目薬に抗炎症成分として配合されているのでご注意ください。


 

あと、「アルブミン」「タンニン酸アルブミン」は牛乳に含まれるたんぱく質由来なので牛乳アレルギーのある方はご注意ください。

 牛乳についてその①

牛乳についてその②

 


 

などなど、表記されてはいてもそれが一体何の成分なのか分からないものも。。。


 

結局のところ、薬は飲まないにこしたことないのかもしれません。。。

ベル~潜在能力を目覚めさせるエネルギーレッスン~Aromaチャクラヨガ ベル

【日程】
*月曜クラス 10:00~12:00
①7/4 ②8/1 ③9/5 ④10/3⑤11/7⑥12/5
 
*日曜クラス 13:30~15:30
①7/17 ②8/21 ③9/11 ④10/16 ⑤11/20 ⑥12/18
キラキラ月曜クラスと日曜クラス振替可能キラキラ
【参加費】4000円
アロマヨガご感想はこちら→☆☆☆
詳しくはこちら→☆☆☆



デットクスだけじゃない!「才能が目覚めるクレイパック体験」
宝石赤開講日

7/5(火) 10:30~12:00

7/31(日) 10:30~12:00

8/9(火) 10:30~12:00

8/20(土) 10:30~12:00

9/13(火) 10:30~12:00

9/19(月) 10:30~12:00

宝石赤受講料

1800円

詳しくはこちら→☆☆☆


ベルお申し込み・お問い合わせベル
お申し込み・お問い合わせはこちらの
予約フォーム 、もしくはこちら からお願い致します。

2日経って返信がない場合は届いていないかこちらからのメールが送れない可能性があります。お手数ですが再度ご連絡をお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございますラブラブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る