ブログ

自分自身の力が病気を治す

私は、様々な自然療法を学び、本来生まれながらに持つ自然治癒力の素晴らしさに気づき、その力(生きる力)を高める暮らしや思いが大切なんだと思っています。
でも、自然療法を取り入れる中でそれだけが正解でないこと、西洋医学、東洋医学や自然療法も正解であり間違いだということに気づかされました。

大切なのは、自分を知ること。そして、それらを選択する力です!
なのでここでは、選択する上で必要となる情報をお届けしていきますね♪

今日は「カモミール」について。
素材
カモミール、聞きなれない方も和名の「カミツレ」と聞くと聞いたことがあるでしょうかね?
カミツレは、発汗、抗炎症作用があり生薬としても使われています。

医薬品では、カミツレの成分である「アズレン酸ナトリウム」が炎症を生じた粘膜組織の修復を促す作用があるので、口腔薬や胃薬、目薬などに配合されています。

エッセンシャルオイルも、炎症やゆみに効果的で湿疹やアレルギー症状によく使われますね♪
香りは、カモミールジャーマンとローマンでは全然違ってくるので注意してね。
よくリンゴの香りと言われるのは、カモミールローマンの方です。小さいお子様から使え、とっても良い香りで鎮静効果も高いので子供の肌荒れや夜眠れないときなどにお勧めですよ♪

私は、喉が弱いので、時々すごく喉が痛くなります。
そんなひどい痛みの時は、今日だけとか1回だけとか決めて、アズレン配合のうがい薬を使っています。(個人的にはヨード配合のうがい薬はお勧めしません!それは、また次回以降に。)
あとは、鎮痛作用の高いペパーミントや抗菌、抗ウイルス性の高い主に葉から抽出されたオイルを使いセルフケアしています。
なぜなら、医薬品は症状を抑えることはできても治す事は出来ないからです。
治す事が出来るのは、私たち自身の力です。

皆さんもご自身の体の声を聴きながら、賢く利用していって下さいね☆

*ただし、キク科のアレルギーのある人はアナフィラキシー症状を引き起こす恐れがあるので、配合成分を見るなど十分注意してください。
アロマやハーブも例外ではないからね。
chamomile-tea

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る