ブログ

クレイのケア方法(かぜ)

flower1 アロマの薬としての使い方  

flower1 その他の自然療法(カゼ)

風邪薬の副作用から、薬以外のケア方法として

アロマやその他身近にあるものでケアできる方法に引き続き

今回は、今Beauty School でもテーマにしています

「クレイ」のケア方法について

風邪といえば、のど痛、鼻水、熱、全身の倦怠感などが主な症状ですがカゼ

ウイルス性のものだと、皮膚に出たり、弱いところに何かしらの症状がでたりしますよね。

目がゴロゴロしたりと、目に症状が出る場合もありますが

目の症状、どうケアしてますか?

↑のアロマを使って温冷湿布も良いですが

クレイがとっても気持ちが良くておすすめ合格

水で濡らしたコットンを目の大きさに合わせて切って

その上にクレイをのせていくだけ
 

と~っても気持ちいい~♡ですよ音譜

うちの子も、瞬殺で寝ます(笑)

クレイの種類は、症状、体質に合わせてですが

お子様にはやはりホワイトがおすすめ

(ホワイトクレイは胃腸薬にも配合されています→

あと、レッドクレイはデコルテから上は使用できませんありがと

私は、のどに症状が出やすく

のどが痛い時は、内からのケアとしてエッセンシャルオイルを使ってうがいしたり

外からのケアでクレイ湿布などをしています。

o0452060312296247699

クレイは15分経ってから働きだすので、症状がある時はもう少し厚めにおいて長くおいてあげたり

様子をみながら、数回湿布してあげるのをおすすめします。

鼻風邪には鼻のまわりに湿布してあげると、かなりスッキリしますキラキラ

蓄膿の場合はおでこから鼻ほほの辺りまでやってあげると○

お子様の場合は、耳の管の構造から

大人に比べ、管が短く太く水平に近いため中耳炎になりやすく

その場合は耳の周りにクレイ湿布してあげて下さい。

多くの場合、自然と排出されるのですが

特にすぐに治るというものではなく、数か月かかる場合もあるので

子供の成長をみながら、根気よくケアしていってあげて下さい。

皮膚に症状が出た場合も、クレイ湿布で

私の体がんばってるんだな~って

デットックスの力を優しく助けてあげて下さいね。

クレイは量ではなく質ビックリマーク

第二次世界大戦以降、農薬が使われるようになり

今や普通に家庭の中にも入り込んでいます。

便利さを追い求めたゆえに、知らず知らずに健康を害している現状

また、クレイもそれ以降

採掘場所に気を付けなくてはいけなくなりました

昔は家の庭や畑からとって使っていたものが

今では、地中5Km以下から掘り起こされたものが良質なクレイとされています。

私の使用しているクレイは、フランス産の100天然最高品質なクレイです。

Beauty School へ一度体験に来てみてくださいね音譜

13407035_730331657109483_6086818174665339230_n

とっても気持ちがいいですよニコニコ

余談ですが…

日本は、国別農薬使用量1㎢あたり1.5とNo.1の使用量

残留農薬基準値においては

EUの50倍~

お茶の葉においては、500倍です。


(ネオニコチノイドは水溶性で中まで浸透し、洗っても落とすことはできません)

べー○マットなどの駆除剤、楽しいけど○○狩りなど

許容量の小さいお子様にはどうぞお注意を注意

大切なものはなんなのか

見抜く力を養っていきたいですね♡

 

ベル~潜在能力を目覚めさせるエネルギーレッスン~Aromaチャクラヨガ ベル

【日程】
*月曜クラス 10:00~12:00
①7/4 ②8/1 ③9/5 ④10/3⑤11/7⑥12/5
 
*日曜クラス 13:30~15:30
①7/17 ②8/21 ③9/11 ④10/16 ⑤11/20 ⑥12/18
キラキラ月曜クラスと日曜クラス振替可能キラキラ
【参加費】4000円
アロマヨガご感想はこちら→☆☆☆
詳しくはこちら→☆☆☆



デットクスだけじゃない!「才能が目覚めるクレイパック体験」
宝石赤開講日

7/5(火) 10:30~12:00

7/31(日) 10:30~12:00

8/9(火) 10:30~12:00

8/20(土) 10:30~12:00

9/13(火) 10:30~12:00

9/19(月) 10:30~12:00

宝石赤受講料

1800円

詳しくはこちら→☆☆☆


ベルお申し込み・お問い合わせベル
お申し込み・お問い合わせはこちらの
予約フォーム 、もしくはこちら からお願い致します。

2日経って返信がない場合は届いていないかこちらからのメールが送れない可能性があります。お手数ですが再度ご連絡をお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございますラブラブ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る